アスベスト除去やマンション修繕、耐震補強などのおまとめ情報

最新設備を導入

マンション大規模修繕について

マンション大規模修繕とは、老朽化したマンションを修理することです。マンション大規模修繕をする間隔は10年から15年に一度するのが一般的です。 マンション大規模修繕をマンションの管理組合が主体になって行う場合、その組合で修繕委員会を設立します。修繕委員会を設立してマンション大規模修繕にかかる予算について話し合います。予算を決めるうえで重要なのは、どこまでが共有部分でどこまでが所有区分者の持ち物かです。一般的にマンションの階段やエレベーター、外壁、屋上、エントランスなどを指します。それらの部分を修繕するために予算を組むのです。予算が決定したら後は業者選びです。業者選びで慎重に行わなければならないのはその質によって大きな違いがあるからです。

修繕前や修繕後の注意点など

マンションの業者の質が悪いと、予算を掛けた割には何度も追加で修理をしなければならないことも起こり得るため、金銭的な負担も大きいですし、何より面倒です。信頼できる業者選びを行うため、話し合いの中で慎重に決めるべきです。 業者が決まり、修繕が始まる前に一通り修繕が必要な部分を確認しておく必要があります。 修繕が終わったら再度現場監督と一緒にどこをどのように修繕したのかということを実際に見て回るべきです。後から問題点に気が付いて無料で修理をしてくれる場合もありますが、見回りをしたときに見つけられなかった部分以外は修理に追加料金が発生するという業者もあるからです。 大規模修繕をする場合は予算については赤字になりやすいので、10年に一度ぐらいの割合で修繕積立金の見直しが必要になります。