アスベスト除去やマンション修繕、耐震補強などのおまとめ情報

火災は防火訓練

防火対象物点検作業に伴う費用

建物火災は大きな被害を引き起こします。建物の所有者も使用者も日ごろから防火意識を持ち、火災を起こさないよう、必要な対策をとることが求められています。 一定規模の建物には、防火管理者を置くことが義務付けられています。日ごろからの防火教育や防火訓練の実施などが定期的に行われることが促されています。 また、現在は、防火対象物点検という制度があり、建物の防火管理が適正かつ円滑に行われているかを確認する手助けになっています。 具体的には、特定の建物を規定し、それらの建物の所有者やテナントに対して、担当責任者を定め、防火対象物点検を行い、その報告書を管轄する消防署長に提出することを義務付けています。 これらの業務を外部へ委託した場合、基本料金、点検費用、点検報告書作成費用などが発生します。費用は、点検個所の数や面積、テナント数などによって算出される、というのが一般的です。

点検検査が必要な建物

この防火対象物点検および報告書の作成、提出は年に一回必要です。したがって、この業務を外部の専門業者に委託するケースがあります。建物の権原者から委託されて業者が、防火管理者を伴って適切に実施することで、円滑な点検作業および報告書の作成が可能になります。 対象になる建物は細かく規定されています。収容人数が300人以上の特定防火対象物と収容人数が30人以上の特定一段階等防火対象物です。実質的に、ほとんどの商業施設、娯楽施設、飲食店、宿泊施設などがこの範囲内に入ります。 これらの建物でいったん火災が発生すると、大きな人的および物的な被害が想定されるため、年に一度、防火対象物点検と報告書を提出されることで、より防火意識を高めることを目的としています。