アスベスト除去やマンション修繕、耐震補強などのおまとめ情報

最新設備を導入

マンションの大規模修繕を行うと古くなったマンションを新しく生まれ変わらせる事が出来ます。また、修繕の際に最新の設備を取り入れることが出来るので多くの入居者を獲得することが出来ます。

Read More

飛散をさせない

アスベストの除去作業

アスベストはその扱いやすさと機能により戦後、広く建築資材として使用されていました。しかし、アスベストの危険性が認識され、その発がん性による健康被害が各地で報告され始め、その使用が厳しく禁じられました。さらに、簡単に飛散する特徴から、除去作業の際の工法について最大限の注意と配慮が必要であることが定められています。アスベストの除去作業には、いくつかの工法がありますが、根本的な解決のためには除去が望ましいと言われています。除去に際しては飛散防止対策を施し、運搬にも必要な処置が求められます。このように、きわめて慎重な作業が必要なアスベストの除去作業には当然、それなりの費用が掛かります。国交省によると、平米あたりの単価が1万円から8万円程度といわれていますが、この大きな幅は、処理面積の大小と処理現場の状況によって費用が異なることを示しています。

適切な施工工事の実施

上に述べたように、アスベストの除去には極めて慎重な施工が必要であり、作業に携わるスタッフにも知識と経験が必要になります。健康の二次被害を防ぐためにもより安全な工法や技術開発が求められています。現在、用いられている後方には、除去工法以外に封じ込み工法や囲い込み工法という施工方法もあります。これらは既存の建物に使用されているアスベストを除去する代わりに、飛散を防止する措置を加えたのち隠してしまう、という工法です。除去工法に比べ費用が安いというメリットと運搬する必要がなくなるので飛散糊クスもなくなります。ただし、建物を解体するときには、最終的に除去することになるので、一時的な工法だといえます。最近は、特殊な薬剤を用いてアスベストをジェル化しその後の処理を容易にする、という工法も生まれているようです。今後、新しい施工技術や薬剤の開発が進み、アスベストのリスクが軽減されることが期待されています。

耐震補強は大切

地震は日本ではよく起こるものなので住宅を造る際には地震対策は必ず行う必要があります。また、地震対策をするには專門御者に依頼をしなくてはなりません。事前に金額を確かめ対策をしましょう。

Read More

火災は防火訓練

建築火災が起こると建物が完全に焼け落ちてしまうことがあるので注意が必要になります。なので、日頃から防火意識を持ち、防火訓練などを行い火災に対しての対策を取るようにしましょう。

Read More